文字サイズ
お問い合わせ メニュー

会館だより

information

西条アートフェスティバル2012

 

 平成24年5月27日 日曜日 西条市丹原文化会館において、西条アートフェスティバル2012が、

開催されました。今年も晴天に恵まれ、約5000人の人出がありました。開会式、オープニングは、

西日本最高峰の霊峰石鎚山のふもとにふさわしい法螺貝の演奏がありました。

「ブォーブォ・・ブォーー・・・・」山々にこだまするがごとく神聖な音色でした。

石鎚山は、四国八十八ヵ所寺を開設した空海も修行された神聖な日本三大霊山の一つでも

あります。  この会館の正面玄関からも1年間のうち、数日だけ頂上まで見える日があります。

 

 

 スペイン出身の彫刻家 サルバドール・マルコ氏と奥様のリサさんが、スピーチして下さいました。

日本の豊かさは、山、川にあり、人々の暮らし、生活にあると・・・自然の豊かさ、心の豊かさ・・・日本に来て

よかったと・・。感動のスピーチでした。私たちは、海外から日本を見るという習慣がないので、ハットさせられ

ることが多々あります。マルコ氏のスピーチもそのように感じました。

 

  書道家の山内あすか(清鳳)様が、リサさんが、オペラを歌い、そのイメージで

書道をするという山内先生の希望で実現しました。オペラの歌声は、スペインと日本

を結びつけるような安らぎの歌声でした。

完成した字は、「絆」でした。

 

 竹とんぼデモンストレーションは、会館の高さをはるかに超え、日本一の技を披露していただきました。

西条踊りISI-ZICHI ・フラダンス・ チアリーディング・ エレクトーン演奏・法螺貝演奏・ヒップホップダンス

と続きました。

 

 タオルアートは、フェイスタオルとロングタオルの2種類で想い想いの絵を描いていただきました。

親子の共同作業というのが、いいですね・・・・・。無心に描いてました。

 

 ダンボールアートは、飛行機や船など作れるものは、なんでも作ろう精神で作っていました。

学校で作成するより大きいかな・・・・。

 

  竹トンボのデモンストレーションを見た人もそうでない人も作る作る作る・・・。ゲームで遊ぶ時代ですが、

貴重な体験です。古新聞エコバック、木工教室もあります。

 

  食べ物市場では、地元食材販売や学生さんの茶道部の抹茶のお茶席、県内の物産販売など

盛りだくさんでした。

 

  日本人なら太鼓 太鼓 太鼓・・・。和太鼓講習生全員の参加で、叩く 叩く 叩く・・・。

1年間の練習成果を遺憾なく発揮されました。  

 

  毎年、晴天に恵まれ、落ち着いた一日でした。中でもまんが似顔絵は、100円ということもあり、5時間

長蛇の列でした。銅の折り紙も銅なので、美しい輝きをしていました。

 

 約5000人のお客様に来ていただきまして、ありがとうございました。

皆様のご協力により無事終了することができました。

お疲れ様でした。

 

 

石割式&オープニングパーティー

平成24年5月12日 スペイン出身の彫刻家 サルバドール・マルコ氏の石彫公開制作による石割式が、

行われました。

西条アートフェスティバル2012の石割式の様子です。

 

 

 石割式の後、小ホールでオープニングパーティーが、行われました。マルコ氏と奥さんのリサさんです。

着物を着ての登場です。仲の良いご夫妻です。

 

 リサさんが、ピアノ演奏に合わせて、オペラを熱唱してくれました。

響き渡るソプラノの音色に皆さんうっとりしてました。

 

次は、 地元、道前太鼓の皆さんの迫力ある太鼓の演奏です。

 

 マルコ氏の彫刻している姿です。石の粉じんが、飛ぶので、作業中は、このような格好になります。

 

 マルコ氏は、台湾在住で、世界で活動されています。今回も「うちぬき21プロジェクト」の公募で選ばれました。

すごく親しみやすくスペインの闘牛のごとく情熱的で明るいお人柄です。 「ブエノス・ディアス]と言うと、手を

振って「おはよう。」と言ってくれます。陽気ですね。

制作期間は、5月12日~6月10日までです。 休館日の毎週月曜日は、マルコ氏もお休みしています。

それ以外の日に是非、皆さんのご来館をお待ちしています。

現在、駐車場の西側で制作しています。

 

 

シリーズえひめ第4回松山・姫だるまと姫手まり ひめひめ祭り

 シリーズ えひめ 「ふるさとの芸術」 

第4回 松山・姫だるまと姫手まり ひめひめ祭り が、平成24年3月23日(金曜)~3月31日(土曜)の間、

展示・販売として開催されました。

昔(昭和初期)の姫だるまも展示され,現在の姫だるまと比較ができました。

 

 お客様は、子どもの頃なつかしいのか 見入っていました。

 

 体験教室は、4人の講師の方々が、キットを使って、丁寧に指導していただきました。午前14名、午後20名の

参加がありました。春休みなので、親子で参加される方が多かったです。

 

 完成品です。自宅にも十分飾れる出来栄えになりました。

 

 

 お話し会は、愛媛県松山市 NPO法人姫だるまプロジェクトの代表理事の久保 様が、姫だるまの歴史や

姫だるまに取り組んだ動機などについて語っていただきました。歴史をなくさない影の努力が、よくわかりました。

 もう一度、近くで見てみましょう。 童心にかえります。

 期間中、305名の来場者がありました。

次回、第5回をお楽しみに・・・・・。

 

西条市小中学校・高等学校吹奏楽実技講習会 第15回発表会

 

 

 平成24年1月9日 (月 祝日) 13時30分~西条市小中学校・高等学校吹奏楽実技発表会第15回発表会

が、開催されました。昨年は、生徒さんの参加数150名でしたが、今年は、192名の参加がありました。

1年間ご指導いただきました全国からの各楽器講師の皆様、西条市内の各学校の吹奏楽指導の先生の皆様、

雨の日も風の日も生徒の皆様を温かく見守り時には、朝早くからの送迎もしていただいた保護者の皆様、いろ

いろな人のかかわりがあって、この日を無事迎えることができました。近い将来西条市からは、合唱も吹奏楽も

必ずや日本一の実力校が出てくることを祈願しています。皆さんの熱意は、1年間の練習成果により、数段向上

され、吹奏楽の楽しさややりがいや達成感なるものを磨きあげていっていただけたと思います。共催をしていた

だいています西条市、西条市教育委員会、西条市吹奏楽振興会の皆様にも厚く御礼申し上げます。

 当日は、小編成アンサンブル・合同演奏の2部構成で編成致しました。

 

楽器別の合奏です。連帯感や仲間意識やいろいろな想いで練習成果を発揮されました。

 

 合同演奏です。指揮の各学校の吹奏楽先生も気合が入ります。みごとです。演奏形態も一人一人の演奏も

1年前とは、違います。学校や自宅でも楽譜を見て、何度も何度も練習したことでしょう・・・・。

 生徒さんが、会場内客席まで手拍子で会場のお客様を盛り上げてくれました。

 この楽器と生徒さんの数・・・昨年以上の迫力です。・・・各中学・高校生が、混ざって演奏していました。

 一番最後の演奏が終了後、生徒さん全員192名が、舞台いっぱいに整列して、挨拶しました。ご来場されて

いた保護者の皆様、おじいさんおばあさん、ご兄弟の皆様、感動の「涙」をもらいました。アンケートに記載い

いただいたお一人にこんな感想がありました。「お姉ちゃんは、上手でした。」・・・・・・と。

 

 <出演校>

西条市立河北中学校(9名)、西条市立小松中学校(11名)、西条市立西条北中学校(32名)、

西条市立丹原東中学校(23名)、

西条市立東予西中学校(20名)、西条市立東予東中学校(26名)、愛媛県立小松高等学校(19名)、

愛媛県立丹原高等学校(20名)、愛媛県立西条高等学校(31名),一般(1名)

 

<生徒参加数>

  192名

<合同演奏曲目>

1,スポーツショー行進曲 2、エル クンバンチェロ  3、サザエさん  4、名探偵コナン メイン・テーマ

5、ラブレター 7、時代劇スペシャル(銭形平次・水戸黄門・暴れん坊将軍)

 

 素晴らしい演奏をありがとうございました。1年間の練習成果を十二分に発揮されたことと思います。

生徒の皆さん 今後もご活躍下さい。

平成24年度も春からスタートします。次回の発表会もお楽しみ下さい。ありがとうございました。

 

2011 ピアノリレーコンサート The 12th ピアノマラソン

 

 平成23年12月4日 日曜

この日は、西条市内外の皆様にピアノ演奏をお楽しみいただく機会として「2011ピアノリレーコンサート」を開催

致しました。 5歳からのお子様も含めてたくさんの参加者がありました。

 ピアノ伴奏による合唱もありました。

 

 サンタのかっこうでのバイオリンとピアノ演奏。どちらの音色もクリスマスを歓迎しているようでした。

ゲスト演奏の大澤宣晃先生です。 一曲一曲丁寧に説明していただきました。  ・・・なるほど・・・と。

 大澤先生のハイタッチの指の動きと重低音の響きは、男性らしい独特な演奏でした。 

演奏曲目は、

1、「海の日記帳」より 波のアラベスク              三善 晃

2、2つのアラベスクより 第1番                  ドビュッシー

3、「子どもの領分」より ゴリウォッグのケーク・ウォーク   ドビュッシー

4、「子どもの情景」より トロイメライ               シューマン

5、デュエット                             加藤 昌則

6、愛の夢第3番                           リスト

7、「2つの伝説」より 波をわたるパオラの聖フランチェスコ リスト    でした。

 

 スタッフ会の皆さんと手作りのピアノリレーでした。終了と同時にやった達成感がありました。

 156組の184名の参加者がありました。 述べ来場のお客様は、約500人くらいでした。

このピアノリレーに参加することにより、たくさんの思い出を作っていただけたらと思います。

ご参加の皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

吹奏楽コンサート 明浄学院高等学校吹奏楽部演奏会 開催!

  平成23年11月12日 土曜 15時開場 15時30分開演

明浄学院高等学校吹奏楽部演奏会が、開催されました。

明浄学院高等学校吹奏学部の皆さんは、第59回全日本吹奏楽コンクール

が、東京 普門館で、10月23日 日曜日に行われ、見事金賞に輝きました。

3月頃から学校と連絡を取り合いながら、ようやく実現にこぎつけました。

 県内の吹奏楽部の高校生はもとより県外からもたくさんの高校生他が、

かけつけてくれました。

 

 会場内は、ほぼ満席になりました。

吹奏楽部の皆さんは、 指揮者の小野川先生に集中して演奏されました。

 

 小野川先生の熱心な語りと誠実な説明に会場のお客様も真剣に聴いておられました。

 最後のアンコールは、会場内が一体となり、拍手が鳴りやみませんでした。

 演奏が、実現でき幸せな気持ちになりました。吹奏楽部の皆さんが、人々に感動を与えた瞬間でした。

全国で金賞を受賞されるということは、日々の努力の積み重ねだけでは、実現できないのかもしれません。

全員の個人努力とチームワークと限りない全体練習なのかもわかりません。

会場の皆さんのアンケートには、感動の涙と演奏のすばらしさをたたえた内容が多かったです。

次回、吹奏楽の会館20周年記念コンサート企画も検討していきます。

明浄学院高等学校吹奏楽部の皆さん、人々に感動を与え続ける演奏を今後も継続して頑張っていって

ください。指揮者の小野川先生、吹奏楽部顧問の相馬先生 お世話になりました。

マーチングの全国大会もご活躍下さい。ご健闘を祈願致します。

ありがとうございました。

 

水引伝統工芸体験教室

 平成23年8月7日 日曜日 シリーズ えひめ「ふるさとの芸術」 第3回 四国中央・水引伝統工芸の世界

の体験教室が、始まりました。

当日、夏休みの子供たちと保護者の方たちが、たくさん来ていただきました。

 

 伝統工芸師の方を含め、丁寧に水引の結び方や合わせ方を教えていただきました。

 

 出来上がった水引を内輪に張りました。・・・・こんな感じです。・・・・

  

 

 昼からの伝統工芸師のお話し会は、水引を手に取りながら説明して下さり、よく理解できました。

 

 愛媛県四国中央市の水引細工は、代表的産業である紙製造業とともに発展してきました。

長野県飯田市と並ぶ2大産地で金封や結納品などを出荷してきましたが、1990年代は、70社近く

あった製造業者は、現在27社になっています。

 伊予水引金封協同組合の女性部会「美結会」の皆さんが、2003年から水引を知ってもらおうと

小学校や中学・高校・福祉施設などで年50回程、水引細工教室を開催しています。

どこの地方にも伝統産業を後世に残そうと努力しています。

四国中央市を中心としてご活躍されている「美結会」の皆さんも後世に残していく努力をされています。

今後、益々のご活躍を期待しております。

お世話になりました。また、ご指導ありがとうございました。

 

シリーズえひめ 第3回 四国中央・水引伝統工芸の世界 始まる

 シリーズ えひめ「ふるさとの芸術」 第3回 四国中央・水引伝統工芸の世界が、8月2日~7日まで小ホールで

展示・販売されました。舞台の竜の作品は、立ち止まって見入る人が、多かったです。エネルギーを感じるというか、

輝かしい作品でした。・・・・・

 

 

 干支をうまく手作りされていました。1本の水引からの作品です。・・・・感動ものです。・・・・

 

 

 光輝くもの・・・・人の手が加わり、作品として展示された竜は、魂が、入魂された作品です。会館照明に当たり、

より一層引き立つのでした。・・・・・他の伝統工芸師の作品も長年の努力によって完成された技(わざ)です。・・・・・・

 8月7日の体験教室も是非参加してみてください。

 

西条さくら咲く展

 

~ 西条さくら咲く展~

平成23年3月25日(金)~5月17日(火)の間、桜に関する写真や押し花、水彩画などを募集し

て、作品展示を行いました。

西条市内の桜・・・・たくさん名所がありました。丹原来見の陽春の桜は、樹齢100年以上たって

いました。今回初めての展覧会ですが、工夫された作品ばかりでした。

 入賞者の方は、5月5日開催されましたアートフェスティバル会場で表彰されました。

 

 小ホールで、絵手紙作品と一緒に展示しました。皆さん熱心に見入っていました。

 西条市丹原文化会館の桜も見応えがありました。

来年も実施したいと思います。 

 

 

道前太鼓第2回自主公演 新たなる一歩

 平成23年5月15日 日曜 13時30分~道前太鼓 第2回 自主公演 が、行われました。

テーマは、~新たなる一歩~です。

 出演が、道前太鼓 LA・BANTA 和太鼓講習生 満天(和太鼓集団鼓太郎高松支部)

竹内 直子(篠笛)さんでした。

 

 太鼓は、空気を振動させ、打つ人のたたく加減もすべて一人一人の体に伝わり、

感動を与えるのでした。毎日の練習成果です。ここまで極めるのは、・・・・。

 

 

 全員の息が、ぴったりと合っている姿は、美しさと伝える熱意を感じさせます。

 竹内先生と満天の方との競演です。

 和太鼓講習生の演奏です。

 お廉(れん)踊り保存会の皆さんと和太鼓講習生の競演です。

 満天さんの演奏です。

 最後は、参加者全員の演奏でした。

 完全燃焼しました。皆さんのやりきった達成感の涙は、会場の皆さんも心打たれ感動した最後

でした。道前太鼓の皆さんはじめ、ご出演されました皆さんお疲れ様でした。

次回もさらなる感動を与え続ける太鼓集団として、ご活躍を祈願いたします。

ご来場の皆様 ありがとうございました。